トトロの家

夢のような奇跡

トトロと出会ったサツキとメイには、夢のような奇跡が起こります。「となりのトトロ」の後半は、トトロが起こすファンタジックな出来事が中心に描かれます。
まずは庭に埋めた木の実の芽が出るよう、トトロたちが魔法をかけてくれるシーン。そして、トトロがコマに乗って空を飛ぶシーン。サツキとメイはトトロの体に飛びついて、夜風になって飛びまわります。この時初めて、その姿が父に見えないということをサツキは認識し。同時に観客もそれを確認します。

病院に向かって迷子になったメイを探す

最後の奇跡は、病院に向かって迷子になったメイを探すために。トトロが一肌脱いでネコバスを呼び寄せ、見事にメイを助けるシーン。ここが物語のクライマックスとなります。サツキがメイを助けたい一心で願いを込めると。どんなに試しても行けなかったトトロのねぐらへと、到着することができたのでした。そしてネコバスで無事、メイの元へ。

子供ゆえのそのひたむきな姿

この後半のエピソードは、姉妹の純粋さがあるがゆえに魅力ある展開となっています。特に最後の部分に関しては。聞き分けが良く責任感の強い姉が、妹に見えないところで今後の不安をさらけ出し泣く姿。姉に叱られ、ふてくされていた妹が、姉の涙を見て正義感から一人で突っ走ってしまう姿。子供ゆえのそのひたむきな姿があるからこそ、トトロが起こす奇跡が大きな感動を呼ぶと言えます。
夏になると「となりのトトロ」は良くテレビ放映されます。公開から20年以上たった今でも放映されるのは、変わらない人気ゆえのことでしょう。大人が、純粋でひたむきだった子供時代を思い出す作品とも言える「となりのトトロ」は、これからも魅力あるアニメ映画として語られることでしょう。



 [ トトロの家のリンク集1 ] >>